カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
HOME > ズールーラブビーン > メッセージビーン


ズールー ラブビーン ストーリー
幸せをもたらす南アフリカの贈り物


アフリカの民話では、祖先は海からやってきます。
時には数千キロもの旅をして、ズールーランドの浜辺にたどりついたラブビーン。
この珍しいビーンを見つけるのは非常にラッキーで、
友人や恋人同士で交換すると幸福や幸運、愛情をもたらす、祖先からの贈り物と考えられています。

浜辺で拾われたビーンは、宝物と一緒に大切に置かれます。
お母さんやおばあちゃんは『ビーンの面倒をよくみると、必ず幸運と愛情がやってくるよ』と言いながら、子供たちにビーンを渡します。

ロベン島の刑務所に収監されていたネルソン・マンデラ氏が、浜辺で拾ったビーンを大切にとっておいたことも知られています。
とても苦いビーンの中身は、食用にもなり、またアフリカのハーブ療法で胃薬として広く使われています。安全でオーガニック、非常に硬くて割れる心配が無いため、赤ちゃんのおしゃぶりとしても使われています。

ズールーランドの海岸沿いリチャーズベイに住んでいたベリンダも、浜辺の散歩で見つけたラブビーンを集め、ボウルに入れてコーヒーテーブルに飾っていました。離婚を契機に、ラブビーンを使って何か作れないかと考えたのがズールーラブビーンの始まり。
ベリンダは現在ケープタウン郊外に住み、地元の女性たちと、ネックレス、キーリング、キャンドルスタンド等、ラブビーンを使った作品を作り出しています。






奄美大島のモダマ

モダマの内部

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜1件 (全1件)

1件〜1件 (全1件)

ページトップへ