カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
南アフリカのハンドメイドアート&クラフト専門ショップ

エキストラバージン オリーブオイル 最高級 ギフト 歳暮 パーティ シングルエステート「リオラルゴ (RIO LARGO)」250ml/500ml

エキストラバージン オリーブオイル 最高級 ギフト 歳暮 パーティ シングルエステート「リオラルゴ (RIO LARGO)」250ml/500ml

価格:

1,380円 (税込 1,490円) 2,380円 (税込 2,570円)

[ポイント還元 149ポイント〜]
サイズ:

価格と在庫を一覧で確認する

価格:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら









低酸度のエキストラバージンオリーブオイル
 ・遊離脂肪酸:<0.3%m/m
 ・過酸化物:7meq/kg

オリーブオイルの種類
分類 等級 酸度条件
バージンオリーブオイル エキストラバージン 0.8%以下完璧な風味と香り
バージン 2.0%以下完璧な風味と香り
オーディナリーバージン 3.3%以下良好な風味と香り
ランパンテバージン 3.3%以下そのままでは食用に出来ず、精製オリーブオイルや工業用に用いられる
精製オリーブオイル 0.3%以下ランパンテ等のバージンオリーブオイルを精製したもの
オリーブオイル
(いわゆる「ピュアオリーブオイル)
1.0%以下精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルのブレンド
オリーブ ポマス オイル バージンオリーブオイルを搾った後のかすから、溶剤等を用いて抽出したオイル。精製、バージンオリーブオイルとのブレンドにより、販売する国の基準を満たせば食用としても販売可能。

日本で販売されている食用オリーブオイルは、JAS(日本農林規格)の規定(酸度が2%未満)により、エキストラバージンオリーブオイルと、ピュアオリーブオイルの2種類です。

酸度とは?
オイルの酸化の度合いを指します。オリーブオイルでは、遊離脂肪酸の割合で表示されます。
オリーブの実は枝からとった途端に酸化(脂肪酸とグリセリンの結合が切れ、脂肪酸が遊離)が始まります。遊離脂肪酸は酸化しやすい性質のため、遊離脂肪酸が少ない=酸度が低いことが、酸化しにくく品質が高いオリーブオイルの条件です。
オリーブオイルにした後は、酸化はあまり進みません。そのため、オリーブをとった後、出来るだけ早く搾油することが品質の高さを保つ大切なポイントとなります。

シングルエステート
単一の農場で収穫したオリーブの実を原料としていることを指しています。
オリーブ畑の面積や、天候、収穫量等に影響されるため、大量生産には向いていませんが、自分のオリーブに誇りを持つ生産者により、その土地の伝統や文化を生かし、丁寧に生産されています。
年に一度の収穫時期にとったオリーブの実をすぐに搾油出来るため、酸度が低く、オリーブ本来の香りや味わいが残る、上等なオリーブオイルを作ることが可能です。

コールドエクストラクト製法
化学的な抽出によって作られる多くの植物油と異なり、オリーブオイルはオリーブの実を丸ごと潰す物理的な方法によって圧搾抽出されます。これが、オリーブオイルがオリーブのジュースと言われる所以です。
コールドエクストラクトとは、生産の過程で28℃以上の熱処理を行わない製法です。 オリーブオイルには抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミン類、アルデヒドやケトンのような芳香成分が含まれています。これらの成分は、高温に弱いため、熱処理を避ける必要があります。オリーブオイルの容器に茶色の遮光ビンが用いられていたり、直射日光を避けて保存と表示されているのも、熱による影響を減らすためです。 大量生産の「ピュアオリーブオイル」はブレンドを含めた製造過程に加熱処理が含まれているため、コールドエクストラクトの表記は出来ません。

リオラルゴのエキストラバージンオリーブオイルが、果実そのままの風味豊かな味と香りを食卓までお届け出来るのは、まさにシングルエステートとコールドエクストラクト製法によるものです。

リオラルゴ オリーブオイル
原材料名  オリーブ
内容量&賞味期限  250ml:2017年8月
 500ml:2018年8月


 ※ 2016年10月25日現在お届けしている商品の賞味期限となります。
 ※ お届けする商品の賞味期限は、こちらの表示より新しくなる場合もございます。
   ご了解の上、ご注文下さい。(この一覧のものより古くなることはございません)
保存方法  直射日光を避けてください
原産国  南アフリカ共和国 
配送方法  ゆうパック全国一律600円。
 DM便/クリックポスト対応不可。
備考  低温で白濁したり、底に沈殿することがありますが、品質には問題ございません。

ページトップへ