カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
南アフリカのハンドメイドアート&クラフト専門ショップ

★南アフリカの大地の恵み★Mother Earth ワイルドルイボスティー お徳用不織布バッグ50袋入り

★南アフリカの大地の恵み★Mother Earth ワイルドルイボスティー お徳用不織布バッグ50袋入り

メーカー:アルプクエル
型番:wrooi-001
JANコード: 4571325190029
価格:

3,000円 (税込 3,240円)

[ポイント還元 324ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ 商品説明

料理にも大活躍。発芽率約3%の、希少な野生種のルイボスから作られたお茶です。

■ 商品仕様

製品名★南アフリカの大地の恵み★Mother Earth ワイルドルイボスティー お徳用不織布バッグ50袋入り
型番wrooi-001
JANコード 4571325190029
メーカーアルプクエル



ルイボスはマメ科の針葉樹。
南アフリカのセダーバーグ地方でしか育ちません。
ルイボスは、南アフリカ特有のマメ科の針葉樹。しかも生育するのは、セダーバーグ地方の山岳地帯のみです。
20世紀初頭に、植物学者のノーティエ博士が栽培方法を確立。現在は多くの農園がルイボスを栽培しています。しかし、気候風土、ミネラル豊富で通気性の良い土壌など、すべての条件がそろったこの地域以外では、栽培することもできないのです。
過酷な自然環境で育つ野生のルイボス。
ピュアで滋味にあふれたおいしさです。
ハッフィ・ストラウスさんの祖父は、ルイボスの栽培に初めて成功したノーティエ博士。その博士から受け継いだ土地に、貴重なルイボスが自生しています。きらめくようなピュアな色合い、滋味にあふれたおいしさ。野生茶ならではのパワーがみなぎっています。原住民が「不老長寿の飲み物」と讃えてきた、ナチュラルな美味しさです。
無農薬の野生茶だから安心安全。
しかもノンカフェインです。
野生のルイボスは、もちろん無農薬。しかも紅茶やコーヒーと違ってノンカフェインですから、小さなお子様にも安心して飲んでいただけます。睡眠の妨げにもならず、むしろ安眠をサポートしてくれるという方も。また、ミネラルがバランスよく豊富に含まれていますので、スポーツドリンク等にもオススメです。

家族でおいしく「マザーアース」の野生ルイボスティー。 お茶としてはもちろん、お料理にもお使いいただけます。




ルイボスティーの淹れ方はとっても簡単!ホットでも、アイスでもOK。
お好みでミルクや蜂蜜を入れてもおいしく楽しめます。



やかんを使ってたっぷり ティーポットで手軽に
1.8リットルの水を沸騰させた後、ティーバッグを1包入れ、火を止めて5〜10分おきます。

↓↓↓★店長のオススメ★↓↓↓
夜作って、朝までそのままおいておくと、味がよくでますよ!
ティーポット等にティーバッグを1包入れ、約300mlの熱湯を注ぎ、2分ほどおきます。

濃く淹れたバリエーション ジュースとハーフ&ハーフ
濃く淹れてエスプレッソ仕立てに。さらにミルクをたっぷりのカフェラテ、泡立てたミルクを加えたカプチーノ仕立てもオススメ! 冷やしたルイボスティーでジュース割ってハーフ&ハーフ。スッキリとした爽やかなおいしさ
しかもノンカフェインです。
スパイスを足して・・・ アルコールと一緒に
ルイボスティーにシナモンやジンジャー、カルダモンなど、お好みのスパイスをプラス。蜂蜜やメイプルシロップとの相性もぴったり! ウィスキーやジン、焼酎などをルイボスティー割りに。まろやかで飲みやすく、悪酔いしにくくなります。ホットでもどうぞ。







お料理にも大活躍のルイボスティー。南アフリカではシェフによるルイボスティーを使った料理本も出版されています。
和食やフレンチ、イタリアン、中華とジャンルを問わずお使いいただけます。お試しくださいませ。


出汁として 水のかわりにルイボスティーで出汁をとると、より深みのあるまろやかな出汁になります。

ゆでる ゆでダコやゆで豚などをルイボスティーでつくると、やわらかくしっとりした仕上がりになります。

煮込む 煮込み料理で水の代わりにルイボスティーを使うと、素材の旨みが一段と引き立ちます。肉料理や魚料理では、臭み消しの効果もあります。

ご飯を炊く 水の代わりにルイボスティーでご飯を炊くと、風味豊かなご飯になります。ルイボスティーでとった出汁を使った炊き込みご飯もオススメ。

デザートに 細かく切った茶葉をケーキに。濃く出したルイボスティーをゼリーやアイスクリームに。フルーツコンポートやぜんざいの煮汁にルイボスティーを使えば、一味違った美味しさです。

薫製チップ ルイボスティーの茶葉を薫製チップに使うと、さわやかな薫製香が楽しめ、旨みもアップ。


ページトップへ